羊革 / 皮革の種類と特徴

羊革の特長はその柔らかさです。ソフトでありかつ柔らかい肌触りが魅力です。また、羊革はなめしても中に隙間が残るため断熱効果が高いことから、防寒用の衣服としても羊革が用いられることが多いです。ラムスキン、シープスキンとも呼ばれます。

羊革の用途・どう使われる?

羊革は脂肪の穴が多いため、革になめし加工をした後でも中に空間が残るため、防寒能力が高い為、コート、ジャケットなどに加工されることも多いようです。

 

羊革製品のお手入れ

具体的なお手入れについては、牛革の場合とほとんど変わりません。あれば羊革専用クリームを使うようにするとよいでしょう。汚れは柔らかい布でふき取りましょう。
詳しい革のお手入れについては商品によっても異なりますので「革製品のお手入れ」のページも参考にしてください。

 

羊革に関する関連商品

羊革を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

羊革の種類とそれぞれの特徴

羊革は大きく、鹿の革全体を示す羊革と、羊革を特殊加工したセーム革に分類されます。

ラムスキン

ラムスキンとは、生後1年以内の子山羊の革のことをさします。羊革の中でも柔らかくて軽いという特徴を持ちます。もちろん、羊革としての特徴も持ち合わせています。

 

シープスキン(ムートン)

シープスキンとは、いわゆる羊革のことを指しますが、中でも生後1年をすぎた羊の革のことをさします。ちなみに、ムートンと呼ばれることもあります。シープスキンは英語表記、ムートンはフランス語表記です。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。