山羊革 / 皮革の種類と特徴

山羊革は感触がソフトであり、かつ丈夫でやや固いことが特長の革です。大人のヤギ革をゴートスキン(ゴートレザー)、子供のヤギ革をキッドスキンとよばれます。銀面は独自の凹凸を持っているので摩擦性能に優れています。

山羊革の用途・どう使われる?

山羊革は牛革と比較すると、名前は知られていないかもしれませんが、高級ブランドなどでも使われている皮革のひとつです。山羊革の特徴は銀面(革の表面)のシボ模様と呼ばれるものです。加工法によって美しい光沢を持たせることも可能です。

 

山羊革製品のお手入れ

具体的なお手入れについては、牛革の場合とほとんど変わりません。汚れは柔らかい布でふき取りましょう。
詳しい革のお手入れについては商品によっても異なりますので「革製品のお手入れ」のページも参考にしてください。

 

山羊革に関する関連商品

山羊革を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

山羊革の種類とそれぞれの特徴

山羊革は大きく、鹿の革全体を示す山羊革と、山羊革を特殊加工したセーム革に分類されます。

ゴートスキン

ゴートスキンとは、いわゆる山羊革のことをさします。大人の山羊革の事を指します。カウハイド(一般的な牛革)と比較して素材がしなやかでありかつ強度があることから、比較的薄くても耐久性を持たせることができます。

 

キッドスキン

キッドスキンとはKid(子山羊)の革のことをさします。ゴートスキンと比較してもより革がやらわらくしなやかなのが特徴的です。高級皮革として知られています。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。