牛革 / 皮革の種類と特徴

牛革は皮革の中でも代表的な革製品として使われています。一般には、背中から脇までの皮を使用します。基本的にはすべて肉牛の皮となっています。また、表面に加工を施すことにより牛革以外の革に見えるように加工してあるものも多いです。牛革は主に、牛の年齢やオスメスの違いなどでさらに細かく分類されます。

皮革製品として供給量・美しさ・頑丈さなどの面で利用価値が最も高い皮革とされています。

牛革の種類とそれぞれの特徴

牛革は、皮をとる牛の年齢やオスメスの違いなどにより様々な呼び名があり、またそれぞれの持つ性質が異なっています。革の中では、もっとも一般的な皮革であり、もっとも多目的に使用されています。北米ものが最も多く、ついでオーストラリア、カナダとなっています。
なお、日本国内で生産された牛革は「ジナマ」と呼ばれます。

そのほかは、牛の性別や年齢などにより「ハラコ」「カーフ」「キップ」「カウ」「ブル」に分類されます。

ハラコ

ハラコとは、胎児~生後間もないほどの子牛の革です。短い毛のついた素材で独自の風合いがあります。出産前に死亡した牝牛のお腹にいた腹子や、死産した子牛から採られます。そのため、ほどんど市場に出回ることはありません。ハラコは最高級素材であり、通常販売されているものはポニーなどをハラコと称して販売しているケースがほとんどです。
>>ハラコの特徴や特性(牛革)

 

カーフスキン

カーフスキンとは、生後6ヶ月以内の子牛の革です。牛革の中でももっとも上質な素材とされています。キメが細かく柔らかく、薄い素材となっています。なお、元となる皮が4.3kg以下のものをライトカーフ、それ以上のものをヘビーカーフと呼びます。高級革製品に使われることが多いです。
>>カーフスキンの特徴や特性(牛革)

 

キップスキン

キップスキンとは、生後1年以内の子牛の皮のことをさします。カーフスキンについで上質な皮であるとされています。カーフスキンよりも繊維の密度が高い為、薄くても丈夫さを保ちます。
>>キップスキンの特徴や特性(牛革)

 

カウハイド

カウハイドとは、生後2年を経過したメスの牛の皮を指します。牝牛のため、皮の厚さは雄牛ほどなく、やや柔らかさをもっています。カーフスキンやキップスキンより厚みがあり、丈夫なのが特徴です。
>>カウハイドの特徴や特性(牛革)

 

ステアハイド

ステアハイドとは、一般的に牛革とよばれる代表的な革です。生後2年を経過した雄牛の革です。生後3ヶ月~6ヶ月の間に去勢されており、去勢されていない雄牛の革(ブルハイド)と比較して革質がやわらかくなっています。厚みが均等であり、様々な用途に使用可能です。
>>ステアハイドの特徴や特性(牛革)

 

ブルハイド

ブルハイドとは、生後2年を経過した雄牛の革で、去勢されいない牛の皮を指します。牛革の中でももっとも固く丈夫である一方で柔らかさや柔らかさはありませんので、汎用性はありません。主に靴底などにも用いられます。
>>ブルハイドの特徴や特性(牛革)

 

ジナマ

ジナマとは、日本独自の牛革の呼び名です。日本では昔、牛の皮は生皮のままで取引されていたことから、ジナマ(地生)と呼ばれていました。今では、日本国産の牛革のことをさします。一般的に、国産の牛革は管理状態がよい事から、品質が高い皮として人気があります。
>>ジナマの特徴や特性(牛革)

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。