シュリンクレザー

シュリンクレザーとは、なめし加工の途中に特殊な薬品を使うことで、銀面が縮みます。これにより、もみ革よりもさらに、シボ(シワのこと)が強調された独自の風合いが特徴です。シュリンクとは「縮む」という意味があります。

シュリンクレザーは、革のシボ(しわ)が大いに目立つように加工された革です。「もみ革」と似ていますが、もみ革がなめし加工完了後に揉みこむのに対してシュリンクレザーの場合なめし加工の途中で薬品で銀面(表面)を縮ませることでシボを際立たせる加工法です。

濃度の高いタンニン液につけると、銀面層(表面層)と皮下層は繊維組織がことなり、銀面層(表面層)だけが収縮し、シワができます。こうしてつけられたシボは用意に伸びないという特徴があります。

 

シュリンクレザーのお手入れ

通常は柔らかい布などでからぶきをします。特に汚れがひどい場合には市販のクリームクリーナー等を利用します。

 

シュリンクレザーに関する関連商品

シュリンクレザーを取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

革製品を買うなら外せない人気通販サイト

ビジネスレザーファクトリー

本革財布やビジネスバッグ(バック)、ステーショナリーの革製品をコスパの良い価格帯で販売している革製品通販サイトです。数千円台からの財布、バッグ、スマホケースなど普段使いの革製品が購入できます。

>>ビジネスレザーファクトリー公式サイト

ココマイスター

日本製のハイエンド革製品の通販サイト。高品質のレザー製品をネット通販で販売しています。特に男性向けの革財布が人気。財布は5万円台、鞄だと10万円台とやや高価格帯。特別なギフトや自分へのご褒美に

>>ココマイスター公式サイト

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。