シュリンクレザー

シュリンクレザーとは、なめし加工の途中に特殊な薬品を使うことで、銀面が縮みます。これにより、もみ革よりもさらに、シボ(シワのこと)が強調された独自の風合いが特徴です。シュリンクとは「縮む」という意味があります。

シュリンクレザーは、革のシボ(しわ)が大いに目立つように加工された革です。「もみ革」と似ていますが、もみ革がなめし加工完了後に揉みこむのに対してシュリンクレザーの場合なめし加工の途中で薬品で銀面(表面)を縮ませることでシボを際立たせる加工法です。

濃度の高いタンニン液につけると、銀面層(表面層)と皮下層は繊維組織がことなり、銀面層(表面層)だけが収縮し、シワができます。こうしてつけられたシボは用意に伸びないという特徴があります。

 

シュリンクレザーのお手入れ

通常は柔らかい布などでからぶきをします。特に汚れがひどい場合には市販のクリームクリーナー等を利用します。

 

シュリンクレザーに関する関連商品

シュリンクレザーを取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。