鹿革 / 皮革の種類と特徴

鹿革は軽い上にソフトな質感が特長の皮革です。ネイティブ素材に使われることが多いです。油でなめした鹿革がセーム革と呼ばれ、こちらも有名です。セーム革で磨くと独自のツヤがでることから磨き革としても利用されます。日本には、多くの鹿がいたため、独自の加工法が発達し、武具などの革として利用されましたが、現在はそのすべてを輸入に頼っています。

鹿革の用途・どう使われる?

鹿革は牛革と比較すると、名前は知られていないかもしれませんが、日本では古来より活用されてきた皮革の一つです。代表的なものが武具の鞘や足袋などです。今でこそ革といえば牛ですが、日本では鹿革のほうが重宝されてきたのです。
最大の特徴は厚さが均一で繊維が非常に細いことで、この性質を利用してセーム革のようなみがき革としても活用されます。

 

鹿革製品のお手入れ

具体的なお手入れについては、他の革製品よりも手間いらずです。汚れは別として特に手間をかけなくても柔軟性を維持します。

 

鹿革に関する関連商品

鹿革を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

鹿革の種類とそれぞれの特徴

鹿革は大きく、鹿の革全体を示す鹿革と、鹿革を特殊加工したセーム革に分類されます。

セーム革

セーム革とは、鱈油で油なめしをした鹿革のことを言います。鹿革の特徴である繊維の細かさからみがき革としての性質に非常に優れています。やわらかく手触りもよく、油なめしをしていることから耐水性も高いです。革としては珍しく洗濯も可能です。また、手袋や洋服などにも利用されます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。