オイルレザー

オイルレザーとは、タンニンなめしを施しただけの、染色・塗装がされていない革のことをいいます。革そのものの風合い、味わいが魅力です。広義にはタンニンなめしで作られた牛革全般をオイルレザーということもあります。高い強度と長く使うほどなじんでくるという革製品の魅力を併せ持っています。

オイルレザーの特徴

オイルレザーは革にたっぷりの油をしみこませています。そのため、独特の艶を最初からもっています。また、使い込むごとに、革内部の油が染み出してきて、独特の風合いを作り出します。

 

オイルレザーのお手入れ

オイルレザーは革に対する油の補給が大切です。また、革の表面にも油分があるたえ、汚れやすいという特徴があります。そのため、他の革よりもこまめに乾拭きをして汚れを落とすようにしましょう。
一方で、オイルレザーは革に対する傷に強いです。爪などで引っかき傷をつけても磨くことで傷がかなり目立たなくなります。

 

オイルレザーに関する関連商品

オイルレザーを取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。