革製品お手入れの基本

革製品お手入れの基本では、革製品の基本的なケア方法から、念入りケアの方法、また、革製品を保管するときのポイント、また革製品のケアにおいてやってはいけないケア方法についても説明していきます。革製品の基本はここを一読してください。

革製品は日々のメンテナンスで長く使えるアイテム

革製品というのはメンテナンスフリーのファッションアイテムではありません。手入れをしないとすぐに傷んでしまいますし、風合いなども損なわれてしまいます。

逆に適切にケアし続ければ長く使うことができますし、使い込まれることでの「味」がでてきます。

ここでは革製品・レザーアイテムに対する日々のお手入れから汚れたりしたときのスペシャルケアの方法までを紹介していきます。

 

日々の革製品ケア

革製品のケアは日々のケアが大切です。それと同時に手軽にお手入れができるということもストレスなく革製品と付き合っていくために重要であると考えています。ここでは、日々の革製品のお手入れについて、どのようなお手入れが大切なのかを説明していきます。
>>日々の革製品ケア

 

カビ予防・カビが生えたら

革製品のお手入れで多く見られるトラブルとして、湿気の多い時期にほおっておいたらカビが生えてしまったというものです。ここでは、革製品のお手入れやケアを通じてカビの予防や、失敗してカビを生やしてしまったときのお手入れ方法について説明していきます。
>>カビ予防・カビが生えたら

 

傷がついたときのお手入れ

革製品の多くは、革に傷を予防するような加工をしていません。そのため、引っ掛けたりこすったりすることで、簡単に傷がついてしまいます。こうした傷も革製品の味ともいえますが、場所や程度によっては気になるものです。
>>傷がついたときのお手入れ

 

汚れた時のお手入れ

革につく汚れには、実に様々な汚れがあります。汚れは大きく水性の汚れと油性の汚れに分類され、それぞれにより汚れのしつこさやケア方法も変わってきます。ここでは、革製品の汚れ対策と、汚れた後のお手入れ方法についてわかりやすく説明していきます。
>>汚れた時のお手入れ

 

水に濡れてしまったときのお手入れ

水は革製品に対する天敵ともいえます。水に濡れないようにするのは大切ですし、さらに万が一濡れてしまった場合はすぐに対策をする必要があります。ここでは、水に濡れた時に行うべき革製品に対するケア(お手入れ)についてわかりやすく説明していきます。
>>水に濡れてしまったときのお手入れ

 

革製品の保管方法

革製品は、ただ単に置いておけば、保管というわけではありません。皮革の特徴を把握した上で適した方法で保管しておくことが革製品と長く付き合っていくための大切な手段です。
>>革製品の保管方法

 

やってはいけない革製品ケア

やってはいけない革製品ケア(革製品のお手入れNG集)では、革製品のお手入れに関して、革のためにも絶対にしてはいけないお手入れについてや日々の取り扱い、保管方法などについてわかりやすく説明していきます。
>>やってはいけない革製品ケア

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。