馬革 / 皮革の種類と特徴

馬革は革全体としての組織は荒いとされていますが、臀部(おしり)の網様層は非常に緻密で美しいことから、コードバンと呼ばれ様々な革製品に利用されています。コードバン以外については、繊維構造がやや荒く、薄くて摩擦抵抗が劣ります。靴の裏革などに用いられることが多いです。
ちなみに、馬革は「うまかわ」ではなく、「ばかく」と読みます。

馬革の用途・どう使われる?

馬革は牛革と比較すると、全体的にはやや荒いです。また、緻密さにややかけるところがあります。ただし、繊維はやややわらかいという特徴があります。そのため、椅子などの家具製品やレザーウェアとして用いられます。 全体的には生産量が減少しつつありますが、一部の農耕馬の臀部から採れる「コードバン」などは高級紳士靴やランドセルなどの素材として重宝されています。

 

馬革に関する関連商品

馬革を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

馬革の種類とそれぞれの特徴

馬革は大きく、馬の革全体を示す馬革と、臀部(おしり部分)の革である「コードバン」、子馬の皮である「ポニー」に分類されます。

コードバン

コードバンとは、馬の尻部分(臀部)の革を指します。馬革の中でも、コードバンは繊維が緻密であり、光沢も美しいのが特徴的です。サラブレッドやポニーなどのメジャーな馬からは取れず、ヨーロッパの一部で食用として生産されている農耕馬からのみ採れるので、きわめて希少性が高いです。

 

ポニー革

ポニー種と呼ばれる小型の馬から採れる馬革です。ちなみに、ポニーは子馬と称されることもありますが、ポニーは年齢の若い馬という意味ではなく、小型の馬です。やわらかさと軽さが特徴です。またポニーの毛皮は牛革の「ハラコ」と称されることもあります。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。