革財布のお手入れ

革小物の中でも、メジャーアイテムに革財布があります。ここでは、革財布を購入されたあとすぐのケアから、日々のお手入れ、濡れてしまったり汚れてしまったりしたときの念入りお手入れについてまで分かりやすく説明していきます。

ちなみに、革財布と同じように革製のバッグも同じようにお手入れしてくださいね。

新品革財布を長持ちさせるためのお手入れ

まず、購入した革財布に色々なものを移し変えたいという気持ちはわかりますが、急に財布の中に色々なものを詰め込んでしまうと革に急激に力がかかり革が伸びきってしまいます。特に、小銭や大量のカードなどは一気に入れてしまわずに、少しずつならしていくようにしましょう。

ポイント1:ヒップポケットにはできるだけ入れない
特に男性の場合、革財布をヒップポケット(ズボンの後ろポケット)に入れる方も多いのでは?背中や腰からはかなりの量の汗がでるので、ヒップポケットに革製品を入れておくと痛みの原因になります。

 

日々の革財布のお手入れ

毎日のお手入れは、天然素材の柔らかい布で乾拭きするようにします。乾拭きの際はできるだけ力を入れないようにして、やさしく拭くようにします。男性の肌着として利用される綿のTシャツは、こうしたお手入れに適しています。古くなったものは、縫い目の部分を除いて小さくきっておいて、革製品の磨き布として利用されるとよいでしょう。

ちなみに、スムースレザーではなく、スエードのような起毛素材の革財布の場合は起毛用の皮革用ブラシなおどでやさしく毛並みに沿ってなでてください。

 

汚れてしまった革財布のお手入れ

まず、革が汚れた場合は、できるだけ早くお手入れをすることが大切です。時間が経ってしまうと汚れが革の中に浸透してしまい、落とすことができなくなります

簡単な汚れの場合は、ぬらした布をよーく水気を切ってやさしく拭いてみてもよいでしょう。ただ、その後は、湿気を出すためにしっかりと陰干しします。

ただし、お勧めの方法はケア用の商品を使うことです。表面のホコリなどを取り除いたあと、革用のクリーナーを使います。中でもオススメなのは「デリケートクリーム」と呼ばれるクリームを使ったお手入れ。デリケートクリームには「ロウ」を含んでいないので余計なべたつきがなく、適度な水分と油分を補給してくれます。

ただし、付け過ぎは注意!カビなどの原因となります。クリーム等を塗った後は布などでしっかりと拭き取ります。

 

ぬれてしまった場合の革財布お手入れ

革財布だけでなく、革製品全般に言えることですが、水は革にとって大敵です。万が一ぬらしてしまった場合は、乾いた布で濡れた部分をふき取って、陰干しします。

決して、ドライヤーで乾かしたり、直射日光に当てて乾燥させたりはしないでください。革に深刻なダメージを与える場合があります。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。