人工皮革 / 皮革の種類と特徴

人工皮革とは、天然の革に似せた人工素材です。立体構造をもった特殊な不織布を基布とした擬似皮革です。基布に対して樹脂を塗布したり浸透させたものなどがあります。クラリーノ、エクセーヌなどが代表的です。衣服、靴などに使われます。

人工皮革の用途・どう使われる?

人工皮革は、人工的に革に近い風合いを持つ素材をつくることを目的とした素材です。不織布に対してポリ塩化ビニール、ポリウレタンなどを塗布することで作られた素材です。感触は革に近く、加工法によりスエード状(起毛状)にも銀つき革状にもすることができます。

様々なファッションアイテムにフェイクレザー(擬似革)として用いられており、特に代表的なのはエクセーヌ(東レ)やクラリーノ(クラレ)、ラムース(旭化成)など日本の化学メーカーが様々なブランドで人工皮革を開発しています。

 

人工皮革製品のお手入れ

人工皮革の革製品は他の革にはない性質として「水に強い」という性質があります。モノにもよりますが、通常のドライクリーニングが可能です。また、天然皮革と違い、革に傷がありません。

一方で、革の劣化は通常の革製品よりも早く、使い込むことによる風合いがでることはなく、時間の経過による劣化が激しいというデメリットがあります。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。