スエード

スエードとは、革の裏面側をサンドペーパーでバフした革のことをさします。ベルベット状に起毛させた革で、毛足が短く、ソフトなものほどより上質なスエードとされます。従来は子ヤギの皮であるキッドスキンが原料でしたが、近年では、カーフスキンやピッグスキンなどが利用されています。
スエードの中でも特に、細かい仕上げとなっているものを「シルキー」、毛足の長いものを「ベロア」とも呼びます。

スエードの特徴

スエードは、手袋や靴など様々な革製品に用いられます。銀つき革などと異なり、革の銀面(表面)ではなく、裏側を表にして使うという特徴があります。ちなみに、革の銀面をスエードと同じようにサンドペーパーで起毛させたものは「ヌバック」と呼ばれます。

また、牛革の「ブルハイド」「カウハイド」など革の厚い牛革の裏面をバフして起毛させたものの中でも、毛足の長いものを「ベロア」と呼びます。ベロアはスポーティーな靴や鞄などに用いられます。

 

スエードのお手入れ

スエード製品は起毛しているため、汚れが革の表面にまで届きません。そのため、普段のお手入れはスエードブラシなどで軽くこすって落とすだけでOKです。(ただし、ホコリなどがたまりやすいので、頻繁にブラッシングするとよいでしょう)

一般的なスムースレザータイプ革靴のお手入れと比較するとお手入れはとっても簡単です。 なにせ磨く必要がありませんから(革靴のお手入れについては「こちら」の記事をご覧下さい)。

ただ、水にはそこまで強くなく水にぬれるとシミになりやすいです。そのため、スエードの靴などの場合は、防水スプレーなどを使うようにしましょう。
(防水スプレーがシミになることもあるので、目立たないところでパッチテストは忘れずに!専用の「起毛革用保護スプレー」などを使うようにしましょう)

 

スエードに関する関連商品

スエードを取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。