皮革用防水スプレー / 革製品お手入れグッズ

皮革用防水スプレーは、水に弱い革製品に対してシリコンやフッ素化合物などが主成分であるスプレーを塗布することで、撥水機能をつけるためのスプレーです。革の表面仕上げ方法によりそれぞれのタイプにあったスプレーがありますので、それぞれに合ったものを選ぶようにしましょう。また、ものによっては、シミやムラができることもあるので、目立ちにくい場所でテストすることをお勧めします。

皮革用防水スプレーの特徴

皮革用防水スプレーは、皮革のお手入れグッズの中でも撥水(防水)機能を重要視したケア用品です。スプレータイプのため、満遍なく塗ることが簡単です。主成分はシリコンやフッ素化合物がメインとなっています。
皮革用防水スプレーは基本的に簡便的な革製品の防水加工だと考えましょう。保革油(オイル)と比較しても、革の風合いを保つ(向上させる)ような効果はほとんど期待できません。
風合いも保ちたいのであれば、「ラナパー」などのオイルを活用するほうがよいでしょう。

 

皮革用防水スプレーの使い方

皮革用防水スプレーは、基本的にケア商品というよりは、雨の日の応急的な予防措置的なケアといえます。撥水機能のみを重視している商品が多く、撥水(防水)機能のみに着目しています。そのため、革に対するケア(風合いや品質の維持・保持)を目的としたものでないことに注意が必要です。

 

皮革用防水スプレーに関する関連商品

皮革用防水スプレーを取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。