豚革(ピッグスキン) / 皮革の種類と特徴

豚革は銀面に硬い毛がつきぬけており、表面に3つずつの毛穴が開いていることが特長の革。ピッグスキンとも呼ばれます。従来は価値の低い革とされていましたが、近年ではその汎用性から利用も広がっています。固くも柔らかくも、半透明に加工することもできます。

豚革(ピッグスキン)の用途・どう使われる?

豚革(ピッグスキン)の特徴は、その軽さと通気の良さ、摩擦に対する強さなどが挙げられます。日本では、豚革というと牛革と比較してやや見下されている傾向もありますが、その汎用性の高さと特徴から高級ブランドなどでも使われています。なお、日本では豚の消費量が多いため、国内で自給可能な革のひとつで、輸出もしています。

三つの連続した毛穴(∴のように見える)が特徴で、一目で豚革(ピッグスキン)であることがわかります。豚革がランクの低い革といわれるのはこうした一目でわかる特徴が影響といわれています。さらに、使用される部位により革の質に違いが大きい、飼育環境や豚の性格から皮に傷が多いといったデメリットも挙げられています。

豚革(ピッグスキン)は「財布」「鞄」「コート」「手袋」「靴の内張り革」などとして使われます。軽さや通気性の良さ、摩擦に対する強さから手袋や靴など湿気がこもりやすく、摩擦にさらされる環境によく用いられます。最近では、豚革の毛穴のデザインも活かしてたバッグや財布なども作られています。
特に、豚革の中でも、良質の豚革の銀面(表面)をすりとり、表面に亜麻仁油をひいて艶のある美しい飴色の肌に仕上げたものを「アメ豚」と呼び、一部ではカーフスキンよりも高級な皮革として扱われています。

また、豚革を大変薄く加工することで、光を通すようにして、ランプシェードとしても使われることがあります。

 

豚革(ピッグスキン)製品のお手入れ

豚革(ピッグスキン)の革製品は他の革と比較しても丈夫で傷つきにくいという特徴があります。具体的なお手入れについては、通常の革製品と同じです。

通常のお手入れは乾いた柔らかい布でふきあげて、皮革用クリームで栄養補給します。他の革と同様に水には大変弱いので、できるだけ濡れないようにするほか、濡れた場合はすぐにふき取り風通しの良い場所で陰干しをします。

 

豚革(ピッグスキン)に関する関連商品

豚革(ピッグスキン)を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。