革製品の取り扱いと購入ガイド皮革と加工>型押し革(エンボスレザー)

型押し革(エンボスレザー)

型押し革とは革をなめした後、銀面(革の表面)をプレスすることで独自の表現をつける加工法の事を指します。エンボスレザーとも呼ばれます。クロコダイル、トカゲ、ヘビなどの爬虫類を模したものが多いです。近年では、本物とそん色ないような品質の型押し革が流通しています。

型押し革(エンボスレザー)は、従来品質の悪い革を少しでもよく見せるための加工法とされていましたが、近年では、その技術は飛躍的に向上しており、クロコダイル・オーストリッチ、パイソンなどのいわゆる高級皮革と見た目ではわからないような型押し革(エンボスレザー)が作られています。
エンボス加工は、ハイドリックと呼ばれる機会を使い、合金製の金型に熱を加えて型を押します。

バッグや財布、ベルト、靴など様々な商品が作られています。

 

型押し革(エンボスレザー)のお手入れ

通常は柔らかい布などでからぶきをします。特に汚れがひどい場合には市販のクリームクリーナー等を利用します。

 

型押し革(エンボスレザー)に関する関連商品

型押し革を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。