革靴の用語説明ページ

革靴ってやたらと専門用語というか難しいと言うかあまり使わないことばが多いかと思います。ここではそうしたことばをまとめていきます。

・アイレット
革靴の靴紐を通す部分。鳩の目という意味があります。鳩目とも。

・アッパー
アッパーとは、靴の形状における靴底を除いた上の部分のことを指す。製甲(せいこう)とも呼ばれる。靴におけるそのファッション性については、ほとんどがこのアッパー部分できまるとも言ってよい。表甲、裏甲、先芯、月型などで構成される。(アッパー

・コバ(エッジ)
靴用語として使われる場合は、革靴の縁部分のこと。アッパーとソールがつなぎ合わされる部分でもある(一部製法)

・ソール
靴底全体のことをさす。ちなみにソールは「インソール」「アウトソール」「ミッドソール」に分解することができる。ただし、ソールという場合は靴底である「アウトソール」のことをさす場合がほとんど。

・トゥ
つま先のこと。○○トゥという表現がされる場合はつま先の形状をさす。(例:アーモンドトゥ

・ヒール
靴のかかと部分のこと。

・ベロ
靴用語としては、靴甲部のアイレットの下にある泥除けのこと。

・メダリオン
靴の装飾用につけられる穴飾りのこと

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。