ヘビ革(パイソン) / 皮革の種類と特徴

ヘビ革は美しい鱗(ウロコ)が特徴的です。中でもニシキヘビの革はパイソンと呼ばれ人気が高いです。中でも模様がダイヤモンドのようになっているものをダイヤモンドパイソン、石垣状になっているものをモラレスパイソンと呼びます。財布などに使われることが多いですが、強度はやや弱いです。

ヘビ革(パイソン)の用途・どう使われる?

ヘビは地球に大変多くの種類が存在していますが、主にニシキヘビ(パイソン)と呼ばれる種類が比較として活用されます。ヘビ革はヘビの持つ独自の模様が特徴です。

ダイヤモンドパイソン
ダイヤモンドパイソンはダイヤのような模様を持つヘビ革です。アミメニシキヘビというヘビの革です。革の品質が丈夫で、革のサイズも大きいため利用目的も多彩です。東南アジア~中国南部などに分布しています。

モラレスパイソン
モラレスパイソンはダイヤモンドパイソンと異なり、不規則な図形上の模様が特徴です。ビルマニシキヘビというヘビの革です。革の丈夫さや革のサイズからも汎用性が高く、ダイヤモンドパイソンとならび、様々な用途で用いられます。

 

ヘビ革(パイソン)に関する関連商品

ヘビ革(パイソン)を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。