ラナパー / 革製品お手入れグッズ

ラナパーとは、ワックス配合オイルのことです。蜜蝋とホオバオイル、ラノリン、ワセリン(鉱物油)が配合されています。ラナパーにはロウが配合されているため、撥水(防水)効果が高いのが特徴です。ミンクオイルと比較して革を柔らかくする作用は少ないので、革の形を保ちたい場合はラナパーの方が適しているといえます。

ラナパーの特徴

ラナパーは、ブラシやクリーナーなどで革製品の汚れを取り除いた後に、皮革に対して油分を補給するケアアイテムです。ただし、ラナパーには汚れをとる効果もあるため、ブラシでホコリなどの汚れを取り除いた後に、すぐラナパーをりようしてもかまいません。
ミンクオイルなどの保革油と比較して革への浸透が低いため、柔らかくさせたくない場合などにはラナパーがより適しています。また、高い撥水性をもつのも特徴です。

 

ラナパーの使い方

ラナパーは、十分にブラッシングした革に対して薄く塗って使います。無色ですので革の色にとらわれることもありません。

 

ラナパーに関する関連商品・Q&A

ラナパーを取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。