もみ革

もみ革とは、一般的にはなめした牛革を揉む事でシボ(シワのこと)をつける加工です。なめし加工をした革の銀面に折り目をつけていくことで、革本来のシボが現れます。

もみ革(もみかわ)は、その名前のとおりなめした革を揉むことにより革にシワ(シボ)をつける加工を施している革です。靴、バッグ、ベルトなどに見られる加工法です。揉みこまれていることで、革が柔らかくなっているのも特徴です。

 

もみ革のお手入れ

通常は柔らかい布などでからぶきをします。特に汚れがひどい場合には市販のクリームクリーナー等を利用します。

 

もみ革に関する関連商品

もみ革を取り扱っている代表的なオンラインショップを検索することができます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。