合成皮革 / 皮革の種類と特徴

合成皮革とは、布などを基布とした人工素材です。一般的には普通の織物にウレタン樹脂などの表皮を張り合わせたものです。合成皮革は人工皮革と比べて、通気性や感触、保存性など劣るため、革製品(ファッション目的)としてはあまり使われません。

合成皮革の用途・どう使われる?

合成皮革は、布などに主にポリウレタン樹脂や塩化ビニールを塗り表面を型押しすることにより革らしくみせるというものです。

 

合成皮革製品のお手入れ

合成皮革製品は、天然皮革と比較して水に強いため、水をつかったお手入れも可能です。多くのソファやインテリアなどに使われることが多いですが、ちょっとした汚れであれば、ぬらして固く絞った布などで水ぶきすることも可能です。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。