合成皮革 / 皮革の種類と特徴

合成皮革とは、布などを基布とした人工素材です。一般的には普通の織物にウレタン樹脂などの表皮を張り合わせたものです。合成皮革は人工皮革と比べて、通気性や感触、保存性など劣るため、革製品(ファッション目的)としてはあまり使われません。

合成皮革の用途・どう使われる?

合成皮革は、布などに主にポリウレタン樹脂や塩化ビニールを塗り表面を型押しすることにより革らしくみせるというものです。

 

合成皮革製品のお手入れ

合成皮革製品は、天然皮革と比較して水に強いため、水をつかったお手入れも可能です。多くのソファやインテリアなどに使われることが多いですが、ちょっとした汚れであれば、ぬらして固く絞った布などで水ぶきすることも可能です。

革製品を買うなら外せない人気通販サイト

ビジネスレザーファクトリー

本革財布やビジネスバッグ(バック)、ステーショナリーの革製品をコスパの良い価格帯で販売している革製品通販サイトです。数千円台からの財布、バッグ、スマホケースなど普段使いの革製品が購入できます。

>>ビジネスレザーファクトリー公式サイト

ココマイスター

日本製のハイエンド革製品の通販サイト。高品質のレザー製品をネット通販で販売しています。特に男性向けの革財布が人気。財布は5万円台、鞄だと10万円台とやや高価格帯。特別なギフトや自分へのご褒美に

>>ココマイスター公式サイト

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。