革製品が水濡れしたときのケア。シミ予防

水は革製品に対する天敵ともいえます。水に濡れないようにするのは大切ですし、さらに万が一濡れてしまった場合はすぐに対策をする必要があります。ここでは、水に濡れた時に行うべき革製品に対するケア(お手入れ)についてわかりやすく説明していきます。

水に濡れたら革はどうなる?

革がなめらかであるのは、もともと革に含まれている油分があるからです。しかし、水に濡れてしまうとその油分が抜けてしまい、ゴワゴワになってしまったり、シミになってしまったりしてしまいます。特に、ヌメ革は水に弱く濡れるとシミになりやすいので注意が必要です。
そのため、防水スプレーを活用するなどして、できるだけ水に濡れないようにするのが大切です。

 

水に濡れた革に対するケア

できるだけ水に濡れないようにするのが大切ですが、ここでは突然の雨などで濡れてしまった場合のケア方法を説明します。

1.濡れてしまった場所を乾いた布でふき取る

2.革全体が濡れている場合バッグの中や靴の中などに乾いたタオルや新聞紙などをつめて、型崩れを予防するようにする。

3.直射日光には絶対に当てず、風通しのよい日陰で湿気が抜けるまで陰干しする。

4.水に濡れてしまい失われた革の油分を補給するために保革油などを塗って油分を補給する。

 

ヌメ革が濡れてしまったときのお手入れ

ヌメ革の場合、一部だけが濡れてしまうとそこだけがシミになってしまいます。そうしたときは、わずかに湿らせた布などで全体を拭いて、その後陰干しをすることでシミを目立たなくさせることができます。

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。