財布の種類

財布と一口に言っても実に様々な種類があります。ここでは、財布の種類について形状や材質などから財布の種類を分かりやすく解説していきます。まずはどんな財布があり、それぞれにどのような特長・特色があるのかを知りましょう。

財布の形状から分類する

財布の形状から財布の種類を分類します。

 

・マネークリップ・札ばさみ

お札をはさむような形状の財布です。金属だけでできたものから半財布状のものまで様々です。最近ではお札に加えて少量のカード類を収納できるようになっているものも人気です。小銭を収納することはできないのが一般的です。小銭を入れることができないので、コインケースと併用するケースが多いです。マチがないので、ズボンの後ろポケットなどにコンパクトに持ち運べるのがメリットです。
>>マネークリップ・札ばさみ

 

・コインケース・小銭入れ

小銭を収納するための財布です。小銭だけの収納を考えたものですのでコンパクトなものが一般的です。少量であればお札もはいるものがありますが、あくまでも予備的なものです。近所へ出かける際、ズボンなどに入れてもかさをとらないといったメリットがあります。
>>コインケース・小銭入れ

 

・二つ折り財布

お札を縦に二つ折りにするようにして収納するタイプのお財布です。長財布と比較してコンパクトに収納することができます。収納力は高いです。スーツのポケットには収まりにくいのがデメリットでしょうか。小銭入れがついているタイプと小銭入れがないタイプがあります。
>>二つ折り財布

 

・長財布

ごくスタンダードな財布です。カード類の収納が豊富です。横にはかさ張りますが、厚みが出にくいのでスーツなどの胸ポケットなども収納できます。小銭入れがついているタイプと小銭入れが就いていないタイプがあります。札を曲げずに収納できると言った点が人気です。
>>長財布

 

財布の素材で分類

財布の素材ごとにそれぞれの特徴を説明します。

・革財布
財布の中ではもっとも一般的ではないでしょうか。天然皮革、合成皮革の他、牛・豚といった違いや加工法など様々なバリエーションがあるのも魅力です。価格もピンからキリまでです。

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。