デリケートクリーム

デリケートクリームは基本的には乳化クリームと同じです。「水」「油」「蝋」が配合されている皮革用クリームです。ただし、デリケートクリームは無色の乳化性クリームと異なり、油と蝋の配合が少なめで、水分が主体のクリームとなっています。そのため、デリケートな革や革靴以外の鞄や財布などのケアにも使えるクリームです。

デリケートクリームは非常に汎用性のある皮革用クリームです。革製品全般のお手入れに幅広く使うことができる万能選手です。革製品のお手入れグッズとしてはぜひ一つはもっておきたいクリームです。

デリケートクリームの選び方・使い方

デリケートクリームは、ほとんどの革、革製品に使うことができます。乳化性クリームワックスクリームなどと比較してツヤ出し能力は低いですが、シミなどになりにくく、べたつきません。

以下は代表的なデリケートクリームのブランドと特徴です。

 

M.モゥブレィ

デリケートクリームの代表選手はやはりこの「モゥブレィ」です。デリケートクリームの中でももっとも安定感があります。個人的にはデリケートな革のお手入れにはこのモゥブレィを使います。牛革以外の革、ラムスキン、キッドスキン、クロコダイルなどにも使えます。油っぽさが低いのが特徴です。

 

コロニルデリケートクリーム

コロニルデリケートクリームはデリケートクリームの中でもクリーナーとしての役割もこなします。また、雨ジミに対しても高い効果を示します。お店などではあまり目にしませんが、ネットでは通販しているところも多いです。

 

サフィールデリケートクリーム

デリケートクリームはいいけど、もうちょっと光沢がほしいと言う方には差フィールのデリケートクリームがオススメ。デリケートクリームなのにしっかりと油分を補給してくれます。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。