オイルなめし(油なめし) / なめし(鞣し)とは

オイルなめし(油なめし)とは、動物性の油(多くは魚油)を使って皮をなめすことをさします。特に柔らかい革に加工するために使われ、代表的なオイルなめしの革として「セーム革」が挙げられます。魚油または動物油がつかわれることが多いです。

オイルなめし(油なめし)の方法と特徴

オイルなめし(油なめし)は、セーム革のように、しっとりと柔らかい革を作りたいときのなめし方法です。こうした方法でなめされた革を全体的に「オイルドレザー(オイルドアップレザー)」と呼びます。油分を多く含むため撥水性能が高い。
セーム革のように水洗いが可能な革製品もあります。

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。