ドレッシング(毛皮なめし) / なめし(鞣し)とは

ドレッシングとは、毛皮のなめし加工のこと。加工前の毛皮から余計な毛や脂肪などを取り除きます。さらに、薬品を使って毛皮がもっているしなやかな毛並みや光沢を引き立たせる作業のことを指します。ちなみに、こうしたドレッシングを行う業者をドレッサーと呼びます。

ドレッシング(毛皮なめし)の方法と特徴

油を抜き、なめし剤などの薬剤に漬け込んで防腐処理を行います。薬剤としては「ミョウバン+食塩」、「塩基性クロム塩+食塩」などが持ちられることが多いです。前者の薬剤は昔から行われていた方法で、水濡れに弱いという性質があります。
一方でクロムを利用したドレッシングについては耐水性や耐熱性があるものの、毛皮自体が青緑色に着色されてしまうというデメリットがあります。

 

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。