革靴の国別特徴

イタリア靴、イギリス靴と国の名前で靴の名前が呼ばれるように、それぞれの国によって革靴の形状や作り方については微妙な違いがあります。もちろん、一概には言えない場合がありますが、やはりどうしてもコンセプトや作り方には特徴があります。

それぞれの国の革靴の特徴

 

国名
特徴
日本

靴文化は浅いですが、職人気質の日本の職人が作る靴は海外有名ブランドに負けないよさがあります。
また、日本人は西洋人と比較して足の甲が低く、横に広いので海外の革靴は合わないという人にも合ったりします。

イギリス

グッドイヤーウェルト製法による頑強な靴が特徴です。もともとが雨の多い国なので、水に弱いマッケイ製法のような靴はあまりみられません。
イギリスの革靴ブランドの特徴として繊細さではなく、剛健さにからビジネス・カジュアルの両方に対応できる品が豊富です。

イタリア

イタリアの革靴はスマートかつ細身であることが多いです。そのため、足の幅の広い管理人にはちょっと窮屈な靴が多いです。
マッケイ製法によるごつさがなく、細身の華奢さを感じるようなデザインが多いのが特徴です。

アメリカ

アメリカの場合、全体で○○なイメージというよりは、ブランドによって大きくそれぞれの革靴ブランドの意向がいきている感じがします。

当サイトの人気コンテンツベスト5

  1. 揃えておきたい革製品お手入れグッズ
  2. 万能な革製品クリーム「デリケートクリーム」の選び方と使い方
  3. ココマイスターの人気商品ランキング
  4. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ
  5. 絶対にやってはいけない革製品のケア

 

スポンサーリンク

Leather Category

革製品取り扱いガイドでは、革製品のお手入れ方法や革製品の種類、皮革の加工法、革製品の有名ブランドの紹介を行っていきます。